毎日頑張って働いているんだから有給休暇でデリヘル三昧という自分へのご褒美を堪能するサラリーマンの集まり

デリヘルを利用するために有給休暇は大事にする会

有意義な有給デリヘル

ボーナス時期はデリヘルの風俗嬢と♪

投稿日:2015年11月29日 更新日:

遅咲きの上司はデリヘル遊びが趣味

ボーナス時期はデリヘルの風俗嬢と♪お金にも時間にも余裕があるダンディーなオヤジは週に1〜2度デリヘルを利用するなんて人もいたりしますよね。

ぶっちゃけ、僕の上司がそうんですが、40歳も過ぎているのに結婚もしていなければ彼女の影もありません。

セフレや特定の子じゃないという女の子は何人かいるという話も聞いたことがあります。

しかも、そのうちの1人は同じ課のあの子だなんて、ちょっとリアルな話もきいてしまったりして・・・(笑)

上司はチェリーを捨てたのが遅かったようです。

若い頃はモテなかったし女の子にあまり興味も持てなかったらしいのですが、筆下ろしをした25歳のとき。

出会ったデリヘル嬢のことが忘れられずにいるとも言います。

それは彼女のルックスとプレイのテクニックにも依存しているようです。

それから、性への興味が人一倍強くなったことで遅咲きのデビューを果たします。

このころには、お金にも余裕があったので毎日のように女の子を交換して7股・・・というよりお付き合いもしていなかったからワンナイトラブやデリヘル嬢もちょいちょい間に挟んで楽しんでいたという状況だったようです。

しかし、次第にデリヘル嬢以外の子たちだと物足りないと感じるようになってきました。

デリヘルを利用する時も、毎回コアなオプションをつけたりというハマり具合ですから。

そんな男のロマンとも言えるそんな生活を続けていくうちに、上司は依存とも言えるほどハマっていってしまったそうです。

今では普通の子だとなかなか最後までイけないとも言っていました。

一時期は特定の彼女を見つけてはいたものの、セックスが物足りなくてデリヘルを利用していたところバレてしまって別れたという悲しいオチに。

普通のサラリーマンならボーナスで

誰もが余裕の収益がありデリヘル遊びなど個人的な趣味にお金を自由に使える訳ではありません。

趣味性でディープにハマっているならともかく、一般的には給料日の後かボーナス時期にたまには自分へのご褒美という感じでデリヘルを利用する人のが多いのではないでしょうか。

逆に言えば一部の人を除き、決して安い遊びではないので失敗したくないと思うのが当たり前だという認識でいる位です。

それだけに私は給料日のあとすぐに遊ぶのではなく、翌月の一週を過ぎた頃に遊びます。

ボーナス時期はデリヘルの風俗嬢と♪

出来るなら夜ではなく昼から夕方の時間帯を狙うのがベストだと思います。

世の中はなんでもタイミングや波というものがありますよね、給料日のあとならばどこのデリヘルも激混みとなるだけに可愛い子にお相手頂けるチャンスがないといっても過言ではないです。

それに比べてお客が少ない日、少ない時間帯を狙う事によりお目当ての美人を確保できるチャンスが大きいという事ですね。

特に昼間から夕方にかけてはデリヘルでも割引サービスしていたり、ラブホテルの休憩時間も激安になっていたりします。

女の子とプレイ内容は同じでも支払い総額は数千円も安価なんですよ。

更に言えば少ないお客の時期になれば顧客確保の為にしっかり出来る限りの接客やプレイをしてくれるので充実度も高いという事です。

デリヘルで割引や新人情報を得るのなら情報サイトは必須アイテムだと思います。

-有意義な有給デリヘル

Copyright© デリヘルを利用するために有給休暇は大事にする会 , 2018 AllRights Reserved.